本文へ移動

トピックス

委員長メッセージ(春季対抗戦について)
2020-03-23
委員長メッセージ (春季対抗戦について)
ーアンケート回答のお願いー
関東学生ゴルフ連盟
委員長 山下隆介
関東学生ゴルフ連盟 加盟員各位
 
お疲れ様です。
現在新型コロナウィルスの感染拡大に対応して、学生ゴルフ連盟内で春季リーグ戦の開催について協議中です。新型コロナウイルスの感染拡大状況、政府の発表、他競技の開催状況を考慮して話し合いを進めています。
 
開催に関する断定が出来ず、選手の方々に不安を与えてしまっていることを深くお詫び申し上げます。選手が練習に集中できるよう、できる限り早い段階での決断を出すべく尽力しますので、もう少しお待ちいただければと思います。
 
対抗戦を目標にしている学生も多く、各大学ゴルフ部とって重要な大会であるため開催したいという意見がある一方で、選手の安全や大学ごとの不公平感から中止すべきだという意見も出ています。
 
今回、理事会での協議を行う上で、学連と選手との考えのギャップが縮まるよう、各大学ゴルフ部の意向を確認したく思っています。そのためここに送るアンケートから、各大学ゴルフ部の意向をご回答願います。
回答は各校代表1名(主務)にお願いをしますが、必ず全部員の意見を集約した上で大学代表者としてのご回答をお願いします。
アンケートの選択肢は「条件付きでの開催」と「中止」の2択にしました。現段階、会長との協議のもと「通常開催」と「延期」は非現実的と考えています。 
 
   ※「条件付きでの開催」での「条件」について
   もしリーグ開催する場合は、選手の安全のためにいくつかの条件付きでの開催になります。今の段階で考えられている条件は以下に記載するものになります。
   ・1日競技、指定練習日無し(18H)
   ・無観客(監督、主務以外のギャラリーを制限)
   ・クラブハウス内に立ち入らない
   ・屋外での昼食(ランチボックス等)
   ・表彰式無し
   学生連盟は選手の安全を守る責任があります。そのため、政府が発表している「クラスター発生」3条件を全て回避することを考慮して、宿泊を含めた危険要素は排除すべきと判断しています。
   そのため開催の場合、上記条件は必要なものだと考えていますのでご理解をお願いします。
 
各ゴルフ部は大学から様々な制限を受けており、大学ごとにリーグ戦開催に対する想いや意見は異なると思います。学生連盟としてできる限り多くの大学が満足するような決断をしたいと思っていますが、全校満場一致の結論は難しいと思いますので、そこはどうかご理解をお願いします。
 
今回の件を通して選手の方々に不安を与え、選手のモチベーションや部活動の雰囲気に悪影響を与えてしまっていることを、大会主催者を代表して改めてお詫び申し上げます。
 
今後ともよろしくお願いします。
 
アンケート回答フォーム
(※各大学男女合わせて1度の回答をお願いします。)
(※3/26(木)までに送信してください。)
 
関東学生ゴルフ連盟
〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町3-9-3
チヨダビル4階
TEL.03-3263-4377
FAX.03-3263-4590

1.競技会の企画・運営
2.他の学生ゴルフ連盟との競技会の
 企画・運営
3.ゴルフのエチケット・ルール・技術
 に関する研究
4.その他目的の達成に必要な活動

0
8
0
0
2
8
8
TOPへ戻る